ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

三代目米屋宗兵衛

いつまで続くかわかりませんが、「伏見の風」と題して店長のブログを始めましたので、ご用とお急ぎでない方は是非どうぞ!


■お荷物のお問い合わせ
ヤマト運輸、クロネコメール便共にこちらからどうぞ。


■モバイルサイト
携帯電話でのお買い物はこちらからどうぞ。
RSS ATOM

村山製油 純菜種油

1,680円(内税)

型番 06230201
販売価格 1,680円(内税)
購入数
サイズ・本数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


■村山製油の純菜種油
 無農薬栽培の村山のなたね油は脱色剤、消泡材、化学薬品を一切使用しておりませんおで、天ぷらを揚げるとき少々細かい泡がでつことがありますが温度が上がってくると消えてしまいますので安心してお使いください。
 揚げ温度は160℃〜170℃が適温です。鍋の中位のところでじわっと、カラッと、きつね色に揚がります。
 いくら食べても胸やけせず、冷めてもおいしいてんぷらが召し上がれます。
 油の揚げ腰も強く、酸化にも遅いですので、2〜3回使えて経済的です。
 天ぷらの他に、野菜炒めなどにもお使いください。
※なたね油を初めておつかいになる方で香りが気になる方はサラダ油と半々にブレンドしてお使いいただくとよいとのことでした。

村山製油の独自製法(村山製油ホームページより)
1.菜種をふるいにかけ選別します。
2.50kgほどの菜種を鉄の釜で20〜30分煎ります。
3.圧搾機で搾ります。
4.菜種油の原油と油粕に分かれて出てきます。
5.油粕は細かく粉砕し肥料として販売します。
6.タンクにたまった原油をお湯洗いして一晩置きます。
7.上澄みの油をもう一度お湯洗いして一晩置きます。
8.上澄みの油に熱を加え水分を完全に飛ばします。
9.和紙を仕込んだろ過機を通して黄金色の菜種油の出来上がりです。

≪鹿児島村山製油の食用油≫
村山製油の純国産油 鹿児島県串良町で国産の材料だけを一回だけ搾って昔ながらの風味豊かな食用油をつくっておられる村山製油さんのなたね油です。
 その真面目な商品つくりは各方面で紹介され知る人ぞしる、高級(本当の意味で)食用油です。
この商品を買った人はこんな商品にも関心をもっています